家族葬の配慮

家族葬では、家族のみが故人でゆっくりとした最期の別れの時間を過ごすことが出来るということで今選ばれることの多い葬儀の形式になっています。
しかし、葬儀に参列出来る人とそうでない人が出て来るので対応の仕方をしっかりしないといけません。

親族の理解をしっかり得る

家族葬を行う際は、参列して貰う人とそうでない人が別れるという性質が或りますので、そのことについてきちんと親族から理解を得なくてはいけないんですね。
特に、親戚への連絡をしっかりしないといけないことを忘れないようにしましょう。
中には、親族だけど遠縁だったりあまり親交がなかったひとなんかは呼ばなかったりする場合については、身内で行うということをしっかり理解を得てもらうようにすることが大事です。
特に事後報告だけになると親族間のトラブルに発展してしまうこともありますからね。

家族葬に参列できなかった人への配慮

家族葬を終え、故人が逝去したことを知らせるということをするのも家族葬の参列を遠慮願った人に対する配慮ですね。
家族葬だけで行い、逝去したお知らせをしなかったりして例えば何らかの連絡をしようとしたりして、本当にひょんなことから知ってしまう、となると何で知らせることもしなかったのか、ということになってしまいますからね。
そういったことでトラブルにならないための配慮を忘れないようにしましょう。

家族葬に参加した人のマナー

また、家族葬に参列した人はそのことを事後でお知らせするはがきとうの逝去の連絡をするまでは口外しないようにしましょう。
そうでないと、知らせが来る前に知らなかった人が知ってしまって、なぜ連絡をくれなかったのかと言ったことに発展してしまいます。

関連する記事