家族葬の参列者のマナー

最近、家族葬という省エネかつエコな小規模な葬儀を選択することが主流になってきています。
家族葬は、最近では主流になってきているとは言え、まだまだマナーや今までの葬儀との違いなどが浸透しきっていないのでそれについてを紹介しましょう。

参列する側のマナー

家族葬は、基本的には身内や故人の親しい人だけで小規模に行うという葬儀になっています。
言ってみれば、葬儀を行う側としてはあんまりたくさん集まられても対応するだけでも大変ですし、挨拶をして回るのも非常に大変です。
なので、あまり生前の故人と親しくしていなかった近所の人だとか喪主や家族の人との付き合いがある程度の人なんかが来るとかえって迷惑になるわけですね。
なので、基本的に家族葬についての案内があった場合は勝手に参列しないようにしましょう。
逝去を知ったからと言って、参列しなければと昔の葬儀の感覚で行くと親族には迷惑になってしまいます。

どうやって参列するべきかを判断するか

基本的に、家族葬での参列招待者というのは喪主や葬儀を行う側の人が選んで案内を出します。
なので、案内が来た場合に関しては参列しても構わないと思っていいでしょう。
逆に、家族葬の案内があっても身内だけで行うため、だったり参列を辞退するような案内が記されている場合はお断りの案内なので参列は控えるべきですね。

参列しなければいけないマナーはなし

昔は、近場だったり近所だったりで葬儀が行われていた場合近所付き合いなんかがあったらとりあえずお焼香だけでも、なんて感じで参列することがマナーになっていました。
しかし、今では参列者が無駄に増えるのは負担をかけるだけでマナー違反なのでその違いをしっかり判断しましょう。

関連する記事