家族葬の呼ぶ人呼ばない人の選別

家族葬は最近の葬儀に主流になりつつあるわけですが、家族葬を行う上で考えるべき事というものもあります。
基本的に大筋の葬儀の仕方に変わりはないのですが、従来の葬儀と違う所もありますので、その点についての事前準備を案内しましょう。

決まりがないからこそ事前に準備を

家族葬は、従来の葬儀と違って基本的にどこまで人を呼ぶかということに決まりがありません。
極論を言ってしまうとも、喪主や親族が自由に呼ぶ人の範囲を決めていいものなのでいざ葬儀を始める前にとなるとどこまで呼んでいいのか、どこまで呼んだほうがいいのかということでとても時間がかかります。
特に、親族が亡くなられたときというのはやらなくてはいけないことが葬儀以外にも山ほどありますので、人を選別するだけでも結構大変です。
なので、葬儀を始める前に事前にどこまで家族葬で呼んでおくかということを決めておいた方がいいのです。

呼ぶ人と呼ばない人への対応

基本的に、呼ぶ人に関しては事後報告をした際には呼ばなかった人があとでどうして呼んでくれなかったのか、というような事で揉めてしまうこともあるんですね。
なので、微妙な場合は基本的に呼んだ方がいいです。
逆に、呼ばない人に関しては訃報の案内も基本的には葬儀の後に行うということがいいですね。
未だに、訃報の案内が来ると参列しなければいけないと思っている人がいますからね。

失礼がないように

訃報の案内を事後でする場合も失礼のないようにしましょう。
きちんと、家族葬にした理由や参列に案内をしなかった理由なども簡単にでいいので添えて、という感じで行うことが大事です。
スタンダードになってきているとは言え、まだまだ浸透してないところもありますからね。

関連する記事