家族葬の落とし穴

家族葬は、最近の葬儀の主流になってきているのでそれを選択する人も増えて来ているのですがまだまだ完全に常識化しているわけではないので対応を間違えると問題になってしまうこともあります。
なので、家族葬ではどんな落とし穴があるのかを紹介しましょう。

家族葬に呼ばれなかった人

家族葬で、喪主家族が呼ばなかった人の中には事後での訃報や逝去していることを知って後でどうして自分を葬儀に呼んでくれなかったなかったのか、と言った事で問題になる場合があるんですね。
家族葬を行ったあとでなかったとしたら例えば電話などで家族葬を行うので、それ以外の方は参列を辞退してもらうように、というような案内を一言述べるだけでもソフトになります。
特に、葬儀に参加することに対して常識だと思っている人なんかはそうして呼ばなかった事を非難することもありますからね。

葬儀後の対応や香典について

家族葬で参列してもらわなかった人なんかも、実はいぜんに香典をもらっていたからということで後日の逝去の訃報を知ってから香典だけを渡される人もいるんですね。
こういう場合は、参列をしてもらっていなかった場合も受け取るようにしましょう。
香典返しは後ほどお送りするようにすれば失礼になることもありませんからね。

家族葬にすることで出費が多くなる可能性も

家族葬は、かかるお金は確かに安くはなるのですがその代わり参列者も少なくなるため香典が少ないということもあります。
なので、葬儀の予算にお金を割きすぎるとかえって最終的な支払い費用が大きくなってしまうこともあるんですね。
なので、参列者の数と香典をある程度計算した上で葬儀の費用の予算を計算するようにしたいところですね。

関連する記事